忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する
ブログランキングに参加しています。
他にも沢山のボランティアブログが見れます。
一人でも多くの人に知ってもらうために、また、私自身の励みにもなりますので、クリックお願いします。
これも一つのボランティアになります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ




2017/10/20 23:04 |
私自身の、葛藤。
この記事は、私の個人的な想いを書いた記事です。

ピースリボン活動と、関連しているものの、実際の活動状況をご報告するわけではないので、
読みたい方は↓↓つづきはこちら↓↓をクリックしてください。

拍手する
ブログランキングに参加しています。
他にも沢山のボランティアブログが見れます。
一人でも多くの人に知ってもらうために、また、私自身の励みにもなりますので、クリックお願いします。
これも一つのボランティアになります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ




私は時間があれば沖縄の事をネットで調べています。
インターネットというのは、とても便利で家に居ても情報収集のできる優れた機能ですが、その分、沢山の方が情報として発信し、その真偽が分からないのもまた事実です。


辺野古に移転される計画の海上ヘリポート。

一体どこから移転されるのか、、、それは、普天間飛行場。
沖縄県宜野湾市にある、通称普天間基地です。
普天間飛行場は市街地にあり、住民は騒音の迷惑を抱え、墜落の不安にも怯えている。そんな状況です。
実際に、墜落もしました。
アメリカの方が行っている、現地住民に対する様々な被害、迷惑行為もあります。

その一方で、米軍に土地を貸している方は、レンタル料として収入を得、生活している事も事実です。
基地が無くなれば、収入源が無くなる。
また、その他普天間の米軍基地に携わる仕事をされている方も少なくはないはずです。


普天間ののHPを見ました。
返還された基地の跡地有効利用を住民で話し合い、考えている状態と見受けられました。

基地返還の条件として、移設先の施設が整ってから、という事です。

その移設先が沖縄県名護市の辺野古。
キャンプ・シュワブがあるからです。

ある情報によれば、浅瀬案と陸上案の二つがあったそうです。
当初、政府は陸上案を推進。理由は、新しく施設を設備しなくても、キャンプシュワブ内で施工して欲しいとの事。敷地内だと、住民の反対運動に左右されずに、工事が出来るからと・・・。
でもそれって、卑怯なんじゃないかなって想いました。
基地は確かに工事は敷地内であれば、周りから何も言えない状態ですが、空を飛ぶ戦闘機や飛行機は、基地上空だけではないのです。
空は、みんなのものです。

また、米軍としては、浅瀬案を推進。
理由として、「海上の方が軍事強化できるから」。
もしこれ米軍の意思なのなら、何の為の軍事強化なのでしょう。
戦争を失くそうと唱えながら、東洋の小さな国の小さな島で、戦争に積極的になっている。そう見受けられました。

普天間基地同様、辺野古にヘリポートが出来ても、近隣の住民は騒音と墜落の不安を抱える事に変わりはありません。
まさに基地のたらい回し。バトンリレーです。

そして、自然環境問題の視点から見ると、絶滅危惧種が埋め立てようとしているところに沢山いるという事です。
ジュゴンや様々な珊瑚。その生態系を崩しかねないと・・・・。
一度壊したものが元に戻る保障も無いし、長い時間がかかる。それに、不可能に近いと私が見た記事では書かれていました。

それらを食い止める為に、毎日辺野古に座り込み、監視している方々がいらっしゃいます。
もう、何年も・・・・。

移設反対派が多い中、賛成派もいらっしゃるという事も、また事実です。
埋め立てや、工事による経済効果で生活が豊かになる方々もいらっしゃいます。


普天間基地でも、辺野古移設でも、それがあるから生計を立てて生き延びる事が出来る人がいる。
一方で、
騒音などの被害、そして移設先での絶滅危惧種やその他環境が破壊される事が分かっている。

中には、アメリカ領土である、ハワイやグアムに移設すればいいという住民の沢山の声もあります。
しかし考えてみてください。
ハワイにも、グアムにも、沢山の自然に囲まれ、沢山の生き物と共存しているという事を。


辺野古の基地建設が完了しない限り、普天間基地はそのまま返還されず大きな事故がある可能性は横ばい・・・。

人を守る。
自然を守る。

本当はどちらも守りたい。
どっちか一つだけなんて、そんなのって残酷だと想います。

私は、今私がしているピースリボン企画に対し、「本当にいい事をしているのかどうか」という疑問は常に抱き続けています。
何故なら先に述べたように、普天間基地周辺の住民への被害は事実存在している。早く基地が移設すればいい。かといって、辺野古の浅瀬にある絶滅危惧種を絶滅の方向に進めるべきでは無い、と強く想います。

経済問題や、基地に携わる仕事や基地で働かれている方々には無責任で、私なんかが想っていいことなのかはわかりませんが、
基地を移設せず、ただ無条件に「返還」という方向に進めばいいな、と想います。


今まで、沖縄県が背負ってくれていて、きっとこれからも背負い続けないといけない第二次世界大戦の傷跡を、これから更に新しく基地やヘリポートを作らず、沖縄のきれいな海を守りたいと想います。


ドキュメンタリー映画「ひめゆり」で知った、日本唯一の地上戦。
そのときの辛い想いや傷だけで、もう精一杯沖縄は抱えてくれていると想います。
これ以上、沖縄を傷つけないで欲しい・・・・・。

分からない事だらけの私です。
これからもっと勉強して、もっと知って、考えて行動していきます。




他にも沢山のボランティアブログが見れます。
ブログランキングに参加しています。
一人でも多くの人に知ってもらうために・・・。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

PR

2009/01/21 15:15 | Comments(0) | TrackBack(0) | 想い事

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<観て来ました&フライヤーなどについて。 | HOME | ドキドキ、この企画の様子>>
忍者ブログ[PR]