忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する
ブログランキングに参加しています。
他にも沢山のボランティアブログが見れます。
一人でも多くの人に知ってもらうために、また、私自身の励みにもなりますので、クリックお願いします。
これも一つのボランティアになります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ




2017/10/20 23:03 |
沖縄・現地レポ ピースリボン&ジュゴンの見える丘編
29d8b7ed.jpg
テント村から漁港を越えて歩いて5分くらいの浜辺。

事前情報があったので、有刺鉄線の圧迫感は感じず、

寧ろ、この一年間で集まった人々の想いに感動でした。




96a5a095.jpg
一番最初に目に付いた、鉄線の向こうの戦車(?)

海から上がってきたところです。
この行為だけで、どれだけの珊瑚が死に、どれだけの海に生きる命を
殺したのでしょう。
浜もタイヤ跡で荒れています。


0b0df566.jpg


ここに結びます。





02247bbe.jpg
想いを込めて。

丁寧に。






6741353d.jpg

出来ました。

たった一部ですが、皆様の想い、しっかりと結び付けてきました。




28c328d4.jpg

画像はクリックすると拡大するので、

もしかしたら、自分が書いたリボンがうつっているかもしれませんよ^^

じっくり見てください。






6c4ac51d.jpg









7e945958.jpg
中にはこのように、ペットボトルに鶴が入ったものもいくつかありました。

他にも、鈴のなるものや、大きなバナー。

沢山のものが、様々な方法で想いを表示されていました。






eb402d49.jpg

絶滅危惧種の沖縄菊。

環境アセスによると、この辺りも埋め立てて作業ヤードにされます。

つまり、

この可憐な花も・・・・。



浜辺で数十分過ごし、テント村に戻ると、
丁度、おばぁ達がいらっしゃいました。
明日の天気は雨の予報・・・。
この日の天気は雲が少し多かったですが、一応晴れ。
浜辺から見える大浦湾は美しく、
ジュゴンの見える丘から望むその大浦湾の全貌も、
天気のいい日に見たい・・・。

しかし、おばぁ達の話も聞きたい。

苦渋の決断の前に、へたばってしまい、
恥ずかしいことに、何も判断できなくなってしまいました。

そこで、テント村で売っている辺野古の戦いの記録のDVDを全て購入し、
予定を変更して、明日もまた来ることにし(明日の8日は基地などを見に行く予定でした。)、
丘へと向かいました。

正直、この決断が正解だったのかは分かりません。
ちなみに次の日は、やはり雨がチラホラ。雨雲が空を覆っていました。

バカで貪欲になっている私は、選択を誤ったかもしれません。
今でも、この選択はどうだったか、分かりません。
後悔するときが来るかもしれない。
だけど、この日にジュゴンの見える丘に行って、よかったとは想っています。
短い時間で沢山のものを得ようと想う、私の欲深さ。
自分の小ささを思い知りました。



そして、ジュゴンの見える丘です。

0510c14a.jpg

とある所から、徒歩で入っていきます。


かなりのけもの道。

運動不足の私は、ちょっとした登山でした・・・。




98c4f4e4.jpg



歩いて15~20分






f850f65b.jpg

ぱっと視界が広がり、

大パノラマの大浦湾。




df26bb30.jpg1ba464e1.jpg









そこそこ高い位置なのに、見下ろすと、海が透明で、海の中が見えました。
ありえないくらいの、美しいこの海。
ありえないくらいの、絶景。
言葉を失いました。


もしも基地ができてしまったのなら、
この景色の前には戦闘機が飛び交います。

そして、今、この景色がみれるのは、テント村に座り込みで、非暴力で阻止行動をされた、
皆さんの力あってのものです。
心からの感謝と、尊敬と、言葉に出来ないその強さに、胸を打たれます。

人の力で、変えられる。
人間が破壊できるのなら、人間が守り続けることも出来る。


次の記事は、私の個人的感想です。
PR

拍手する
ブログランキングに参加しています。
他にも沢山のボランティアブログが見れます。
一人でも多くの人に知ってもらうために、また、私自身の励みにもなりますので、クリックお願いします。
これも一つのボランティアになります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ




2009/04/11 13:41 | Comments(0) | TrackBack(0) | 情報・報告

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<沖縄・現地レポ 二日目&感想編 | HOME | 沖縄・現地レポ 初めてのテント村編>>
忍者ブログ[PR]